オレンジスフレ

画像
画像
 オレンジをくりぬいた器でオレンジスフレを作りました。とっても久しぶりにお料理教室に出向き、わくわくドキドキ。甘くてふんわりとしたデザート、スフレを作りました。フランス通の先生曰く、スフレはフランスのレストランではほとんど出されることはないメニューとのこと。焼きあがってすぐに食べなくてはふくらみが沈んでしまうし、注文されてから卵を泡立てて・・・なんて、とてもレストランでは対応するのは大変だからだそうです。でもフランスの家庭料理の定番で、ホワイトソースを効かせた塩気のあるおかずのスフレから、甘いデザートまで、ごく普通に家庭で食べられているようです。私もかつて学生時代のアルバイト先の喫茶店で、期間限定でスフレを出していたことがありました。キッチンではパティシエさんたちは大忙し。サーブする私も泡が沈まないように慎重に、そしてスピーディーにテーブルへ。本当に特別なメニューだったことを覚えています。オーブンからの甘ーい香りと、お客様の喜びの笑顔から、スフレに対する思い入れも強くなって。。。それから時々スフレを焼いていました。
 今回は先生からいろいろなコツを教えていただいたり、フランス話や素材の活かし方など、参考になるお話盛りだくさんで、益々スフレが好きになりました。ちょっとしたおもてなしに、ささっとスフレを手作りできたら。それも格別においしいものを!そんな得意分野にしていけたら嬉しいです。
 今回オレンジを使ったことで、さわやかな香りがなんとも印象的でした。香りって料理を味わう前からの感覚なのでとても重要ですね。これからどんな味を味わえるんだろう、という期待を膨らませてくれます。スフレの中にいろんなフルーツを入れて試してみたいと思い、自宅で早速いちごを使ったスフレに挑戦。フードブロセッサーにかけたフレッシュのいちごを生地に混ぜ込んで焼き上げると、ふんわりピンク色で甘酸っぱい香りが素晴らしい。ふくらみ加減も満足の一品となりました。娘も私もココット2つずつ食べました。
画像
簡単だからおいしい!お菓子―シンプルがこつの、冷たいお菓子から焼き菓子まで

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック